借りやすい消費者金融

0

低金利の金融会社

東京都、大阪、札幌、名古屋、福岡地区も対応!全国から借りれる低金利消費者金融特集

審査に通るためには

消費者金融でお金を借りるためには、まず審査に通らなければお金は借りれません。無審査でお金を貸してくれる金融業者があれば別ですが、ローン会社には必ず借り入れ審査があります。

審査の内容はどのキャッシング会社も似通っていますが、基本的に大手銀行系は厳しいのが一般で、それより甘いのが中小中堅の消費者金融となります。他社からの借り入れ件数が3件以上ある方は、大手では審査に通りにくくなりますので回避されたほうがいいでしょう。

大手で借りれない方は、中小中堅のローン会社を選ぶことになりますが、そこでも審査に通らない方は、余程の事情(多重債務、ブラック)があることが想像できますので、小規模の街金をあたるより手立てはないでしょう。

但し、中小中堅で審査に通らないほどの多重債務があるなら、それ以上お金を借りるのも借金が増えるだけなので、一度専門家に相談をされてはいかがでしょう。


金利の知識

基本的に金利はお金の需要と供給の大小関係で決定されます。消費者金融ではお金を顧客に貸し出すと、元金の他に金利が発生します。その金利で金融業者は利益を得ているわけですが、金利はいわば「お金の借り賃」といっても過言ではありません。

それでは、この金利はどのようにして決まるのかといいますと、最も基本的な考え方は、お金に対する需要と供給の大小関係で金利が決まるというものなのです。

まず、なぜ人々はお金を手元に置いておこうとするのか考えてみましょう。お金をそのまま持っていても金利はつかないので、お金を遊ばせておくことは不利なようにも思えます。

しかし、お金には、買い物の支払いなどの際に、「すぐに使える」という便利な特徴があります。この特徴を流動性と呼びますが、この流動性があるからこそ人々は金利を稼げなくてもお金を持とうとするわけです。

銀行と郵便局

私たち消費者にとって、郵便局と銀行の違いを正確に把握している人は少ないでしょう。両社ともほぼ同様の役割を果たしています。どちらも、お金を預ければ金利が付いて戻ってきます。また、郵便局でも貯金を担保としてお金を借りることができますし、公共料金の自動振替、民間カード会社との共用カードなど、銀行と同じよう金融サービスが提供されています。

しかも、郵便局は全国くまなく配置され、オンライン化されています。地方に行くと、金融機関というと銀行よりも郵便局の方がなじみ深いというところも少なくないでしょう。郵便局と銀行の違いは何かと聞かれたら、「郵便局では切手やはがきを売ってくれるが、銀行では売ってくれない」と答えるだけでも、あながち間違いではなさそうに思えてきます。

最終更新日 2017/7/23

サイト運営会社

連絡先